抵当権抹消手続きについて

長い、長い、住宅ローンを完済すると銀行から抵当権抹消の手続きをするための書類が交付されます。ここで「えっ?銀行がやってくれるんじゃないの」と驚かれる方もいるかと思われます。残念ながら銀行は抵当権の抹消登記に必要な書類を交付してくれるだけで、肝心の抵当権抹消手続きは行ってくれません。そして、銀行から預かった書類を法務局に提出するだけでは手続きは進みません。所定の事項を記載した登記申請書を作成する必要があります。

また銀行から預かった書類は空欄の箇所が何点かあり、銀行又は担当者によっては抹消対象の不動産の記載すら済んでないまま書類をお客様に渡すこともあるのです。
当然空白の箇所は記入しなくてはなりません。銀行でローンを組んだ当時(不動産を購入した当時)と現在の住所が異なっている場合は、抵当権抹消手続きの前提として住所変更登記手続きが必要となります。こちらも所定の登記申請書の作成が必要となります。

これらの手続きは、比較的自力で解決できる内容となりますが、専門家に依頼しても安価で済む部類に入ります。1万円~2万円程度が一般的です。調べる時間や法務局へ足を運ぶ時間などを考慮して頂き、依頼した方がトクだなと感じた方は、是非ご連絡下さい。

費用について

土地1、建物1

11,000円(税込)
不動産3筆以降は、1筆ごとに
1,100円(税込)加算
住所変更の登記が必要な場合
11,000円(税込)加算

■実費
登録免許税
不動産1筆ごとに1,000円
※典型的な形ですと“土地1”“建物1”の2筆となり、2,000円になります。

土地1、建物2の合計3筆だと3,000円

放置してはいけない抵当権の抹消手続き

抵当権の抹消手続きの煩雑さに抵当権抹消手続きを行わない方や、単純に抹消手続きの事を完全に忘れてしまう方が結構いらっしゃいます。抵当権の抹消手続きを行わずに放置してしまうと、登記簿上抵当権が残ったまま何十年と放置されてしまう事があります。このケースで一番問題になるのは、抵当権の抹消に必要な書類を紛失してしまい見つからない事です。長期間抹消手続きがされていない抵当権は、当事者の方が書類を紛失してしまっている事が非常に多いのです。

また抹消手続きを行いたいのに抵当権の抹消義務者に相続が発生している場合もあります。この場合は抵当権の抹消義務者の相続人全員から署名捺印をもらう必要があります。

さらには抵当権を設定した金融機関が消滅していたり、当事者が失踪して見つからない事もあります。こういったケースでは裁判所で訴訟を起こさなければならない事もあるのです。これらのケースが発生した際には、専門家が動いた方がスムーズに事が運びます。

抵当権抹消手続きに関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので、是非一度ご連絡ください。お電話でのご相談は30分まで無料でございます。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。まずはあなたの疑問をお聞かせください。声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです


無料電話相談実施中!
専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。
まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。
お電話でのご相談は30分まで無料ですので、ご安心ください。
多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

無料出張相談実施中!
当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。
書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。
また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が相模原市・町田市以外の場合は、矢部駅からの移動費を頂戴させていただいております。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成23年司法書士試験合格/法務大臣認定司法書士/公益社団法人リーガルサポート所属
昭和51年8月8日生/趣味:読書・相撲観戦/相模原の出身校:並木小学校・緑が丘中学校

初めまして、相模原市出身の司法書士田端最利雄です。開業35年の藤沢の老舗の事務所で修行を積んで参りました。子供の頃からお世話になった相模原市に尽くす決意を持っております。私の法律家としての理念はフットワークの効いた迅速な手続きで、お客様のご負担を軽減することです。お仕事や、家事におわれるお忙しい日常で、面倒な法律の知識が必要となる、法的手続きを行うのは容易な事ではございません。そこで当職がお客様に代って法的手続きを遂行させていただきます。とはいえ、法律家に相談する事に敷居を感じられるお客様もおられるかもしれません。しかし司法書士は身近な町の法律家でございます。御遠慮なくご気軽にご相談くださいませ。宜しくお願い申し上げます。