借金の消滅時効の裁判について

法律を少しでも勉強した経験のある方なら、借金に時効が存在することはご存知かと思われます。これを『借金の消滅時効』と言い、お金を貸す側である消費者金融の方々は、当然のことながらその存在を知っております。ですから消滅時効が完成している場合は、借金の請求はしてこないように思えます。ところが普通に請求してくるのです。それどころか裁判をおこしてくることもあるのです。

その理由としては、法律を勉強したことのない一般の方々は『消滅時効の制度』を知らないだろうと請求をしてくるのです。請求された債務者の方が僅かでもお金を返済したり、支払い猶予の申し出をしてしまえば、その時点で消滅時効が中断してしまいます。消費者金融の方々は、そこに期待をかけて請求をしてくるのです。

また仮に裁判になって消費者金融側が勝訴してしまうと、消滅時効が中断してしまうだけでなく、給料や預金の差し押さえもされてしまいます。消滅時効が完成しているとお考えであれば、裁判の場では必ず「消滅時効を援用します」と裁判官に伝えるか、「消滅時効を援用する」といった内容の文書を裁判所に提出してください。そうすれば裁判で『消滅時効の援用』の効果が発生します。

裁判の場で消滅時効が完成していた場合、消費者金融側は下記のような行動を起こします。

  • 訴えを取り下げる
  • 請求の放棄をする

ここで注意したいのが2つの違いです。“訴えの取り下げ”も“請求の放棄”も、裁判が終わるという点では共通しております。しかし裁判が終わった後の効果はまるで異なってくるのです。

○訴えの取り下げ
裁判が最初から起こされていなかった事になる。
※せっかく裁判の場で主張した『消滅時効の援用』の効果がなくなってしまいます。言い換えますと、もう一度消費者金融側は同じ内容の裁判を起こすことができてしまうのです。

○請求の放棄
消費者金融側が裁判に負けた事が確定。
※『確定』という言葉通り、蒸し返して同じ裁判を起こすことができなくなります。

消費者金融側にとって訴えの取下げのほうが明らかに有利です。もっとも、もう一度裁判を起こされた場合、当事者が同じであれば再度消滅時効を援用して全く同じような結末となる可能性が高いでしょう。しかし以前に裁判を起こされた方の“相続人など”の場合には、『消滅時効の知識』がなければ負けてしまう可能性もあるのです。将来の蒸し返しの禍根を断つという意味では、明らかに請求の放棄によって訴訟を終わらせた方が良いでしょう。

請求の放棄を選択する方法ですが、訴えの取り下げを拒否することです。訴えの取り下げには被告の同意が必要となります。ここで訴えの取り下げに同意をしなければ、請求の放棄をしてくるかそのまま消費者金融側に敗訴の判決が下される事となります。しかし訴えの取り下げに同意しないのは裁判の知識・経験が無い方には相当の勇気がいります。なぜなら、せっかく消費者金融側が訴えを取り下げて裁判がなかった事になる展開になりそうなのに、その提案を蹴るわけですから。

なお借金の消滅時効の裁判で、債務者の代理人として司法書士や弁護士などの専門家が対応した場合、消費者金融側は初めから請求の放棄をしてくる可能性が高いと言えます。専門家は訴えの取り下げに同意しないとわかっているからだと思われます。

借金の消滅時効に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので、是非一度ご連絡ください。お電話でのご相談は30分まで無料でございます。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。まずはあなたの疑問をお聞かせください。声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです


無料電話相談実施中!
専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。
まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。
お電話でのご相談は30分まで無料ですので、ご安心ください。
多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

無料出張相談実施中!
当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。
書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。
また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が相模原市・町田市以外の場合は、矢部駅からの移動費を頂戴させていただいております。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成23年司法書士試験合格/法務大臣認定司法書士/公益社団法人リーガルサポート所属
昭和51年8月8日生/趣味:読書・相撲観戦/相模原の出身校:並木小学校・緑が丘中学校

初めまして、相模原市出身の司法書士田端最利雄です。開業35年の藤沢の老舗の事務所で修行を積んで参りました。子供の頃からお世話になった相模原市に尽くす決意を持っております。私の法律家としての理念はフットワークの効いた迅速な手続きで、お客様のご負担を軽減することです。お仕事や、家事におわれるお忙しい日常で、面倒な法律の知識が必要となる、法的手続きを行うのは容易な事ではございません。そこで当職がお客様に代って法的手続きを遂行させていただきます。とはいえ、法律家に相談する事に敷居を感じられるお客様もおられるかもしれません。しかし司法書士は身近な町の法律家でございます。御遠慮なくご気軽にご相談くださいませ。宜しくお願い申し上げます。